【重要】常時SSL化は全てのホームページで必須になります!

約2174文字 一般的完読時間 4分

スポンサーリンク




今回はホームページ運営者には大変重要なお話をします!

先日、グーグルウェブマスター向け公式ブログで次のような発表がありました。

私たちはここ数年間、サイトで HTTPS による暗号化を採用するよう強く働きかけることによって、保護されたウェブを目指してきました。
そして昨年は、「保護されていません」と表示される HTTP ページを徐々に増やすことによって、HTTP サイトが保護されていないことをユーザーに理解してもらうよう努めてきました。
2018 年 7 月に Chrome 68 がリリースされると、すべての HTTP サイトに「保護されていません」と表示されるようになります。

引用:https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/02/a-secure-web-is-here-to-stay.html

本文中の「HTTPS による暗号化」とは今セキュリティ対策として最も重要な案件で、概ね「常時SSL化」と同様の意味で使います。
これを行うことによって、次のメリットがあります。

  • セキュリティ対策
  • HTTP/2対応のサーバーでは表示スピードが早くなる(どんどん適用されてきています)
  • SEOにプラス(グーグルがランキングシグナルに利用しています)

この対応により、ドメインの最初の文字列がhttpがhttpsに変わります。
ですから、対応か非対応なのかは一目瞭然ということです。

そして、上記引用文章の中で最も重要なのが、次の最後の1文です。

「2018 年 7 月に Chrome 68 がリリースされると、すべての HTTP サイトに「保護されていません」と表示されるようになります」

Chromeは、日本のブラウザシェアNo.1。
新たなバージョンがリリースされればそのほとんどの人が利用することになります。

そのブラウザで「保護されていません」と表示されてしまったら、大問題です!!

昔だったら、セキュリティへの警戒はそれほど高くなかったし、何らかのバグである可能性もありました。
しかし、これだけ被害者が増えセキュリティの重要性が叫ばれている中で、この表示は完全に信用失墜になります!

本来セキュリティを守るという意味では、個人情報を打ち込んだり、カード決済をするサイトだけが行えば良さそうなものですが、グーグルがすべてのサイトに適用すると発表した以上、それに習うしかありません!

「常時SSL化」はもはや、やるかやらないかではなく、そしていつやるかでもなく、「どうやればすぐに行えるか?」の段階に入っています。
方法は決して難しいわけでも、コストが多額にかかるわけでもありません。

1年ほど前までは、サーバー負担が年間10万円前後かかるのが主流でした。
しかし今では新興の会社を中心に無料対応するところが増えています。
いい~時代になりました!

もし現在使用されているサーバーが無料対応していないようでしたら、サーバー移動することをお勧めします。

無料対応サーバーはどんどん増えています!!

以前に一度有料化したサーバーは今さら無料にすることが出来ず苦しんでいるのではないでしょうか。
無料にすれば従来の有料の顧客も無料にしなくては収まりがつきませんし、かといって有料のままでは顧客は減っていくことになるでしょう。

現在での「常時SSL化」無料対応サーバーに関して、大変参考になるサイトがありました。

「有限工房」の記事「独自SSLが無料で使えるレンタルサーバーの一覧」
https://ygkb.jp/4729)から引用します。

HTTP/2対応サーバーだけを掲載します。

  • CORESERVER
  • heteml
  • エックスサーバー
  • スターサーバー
  • JETBOY
  • weXクラウド
  • MIXHOST
  • weXレンタルサーバー

もちろん、それぞれ容量などのスペックと料金は違います。

僕が利用したことがあるサーバーは最初の3つ。
つまりCORESERVER、heteml、エックスサーバー。

だからそれ以外のことは分かりません。

僕が常時SSL化しているのはもっぱらhetemlです。
既に10年使用していますが、非常に快適ですし新しいことへの対応も早いです。
ロリポップの上位機種との位置づけですが、信頼性と操作性はまるで違います!

hetemlの常時SSL対応で1年契約ですと、年額19,440円(月額1,620円、税込み)です。
上記参考サイトの「月額」で800円となっていますが、実際の運用時の費用と違うところがあるので、注意してください。

またエックスサーバーも非常に評判が良いので、安心して任せることができます。
以前、僕が利用していた時はあまり好きではなかったですが、ここ5年で急速に良くなったようです。^^
今のところ、僕の経験では総合的に言ってhetemlとエックスサーバーが最もお勧めできるサーバーです。

サーバー移転するということは、製作会社に費用を払わなくてはなりませんし、それまで使用していたサーバー費用の端数が無駄にもなります。
「常時SSL化」は基本ワンタッチでできるものの、費用を請求されてもおかしくありません。
ただし、「常時SSL化」にする重要度から考えれば、躊躇するほどの費用にはならないはずです。

さあ、すぐに行動してください!!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう!

スポンサーリンク